WhatsApp文字装飾・スタイリッシュフォント

カッコよくスタイリッシュなフォントでWhatsAppメッセージに個性を足しましょう。

バブル I
バブル II
正方形 I
正方形 II
反転
固定スペース
手書き
手書き太字
太字 I
イタリック体 I
太字 II
イタリック体 II
フラクトゥール
フラクトゥール太字
重ね打ち体
全角
日本語文字
ギリシャ文字
スモールキャピタル
上付き文字
ザルゴ I
ザルゴ II
絵文字
取り消し線
取り消し線縦
下線 I
下線 II
スラッシュ線 I
スラッシュ線 II
オーバーライン
矢印
アスタリスク
曲折アクセント
上付きコンマ
上付きドット
下付きドット
ジグザグ
ダイヤモンド
三角形
モールス
点字
丸括弧 I
丸括弧 II
丸括弧 III
丸括弧 IV
丸括弧 V
丸括弧 VI
丸括弧 VII
角括弧 I
角括弧 II
角括弧 III
引用符 I
引用符 II
薄い陰影
点線フェンス
電動
砂時計
ハート
正方形
バーコード
リズム
レニー
音楽

WhatsAppでメッセージを装飾するには?

WhatsAppでは、希望の単語や句の前後に特殊記号を追加することで、イタリック体太字、取り消し線、固定スペースに変換することができます。

太字テキスト

希望の単語や句の前後にアスタリスクを追加する。例:*希望の単語・句*

イタリック体テキスト

希望の単語や句の前後に下線を追加する。例:_希望の単語・句_

取り消し線テキスト

希望の単語や句の前後に波線を追加する。例:~希望の単語・句~

固定スペーステキスト

希望の単語や句の前後にバッククォートを追加する。例:```希望の単語・句```

WhatsAppで異なるフォントを使うには?

メッセージに個性を足したり、おしゃれフォントを生成したりしたい場合、WhatsApp文字装飾ツールが便利です。しかし、使用にあたっては以下の注意点があります。

  • WhatsAppが対応していないフォントがある。
  • 変換されたテキストの見た目が、元のテキストと異なる場合がある。
  • 端末によって、変換されたテキストのフォントに互換性がない場合がある。

WhatsApp文字装飾ツールの使い方

フォントを変換するテキストを入力します。次に、一覧から希望のスタイリッシュフォントを選択します。最後に、変換されたテキストをコピーし、WhatsApp内に貼り付けて使います。